名古屋の洋菓子専門店 洋菓子フィレンツェ

【大治店限定】西尾の抹茶づくし

抹茶好きによる、抹茶好きのための、西尾の抹茶ケーキ

IMG_2083_fw

岩塚店4月から5月にかけてのオススメ新作ケーキは「西尾の抹茶づくし」です。

日本初の特許庁・地域ブランド認定!日本を代表する地元愛知の抹茶「西尾の抹茶」

「西尾の抹茶」は特許庁の地域ブランド(地域団体商標登録制度)に認定されています。お茶に関する地域ブランドといえば、伊勢茶や宇治茶がありますが、「抹茶」に限れば、地元愛知県の「西尾の抹茶」が抹茶の地域ブランドとして日本初です。

愛知県西尾市は全国の抹茶(原材料であるてん茶)生産量の30%を占め、西尾市で生産されるお茶の99%が抹茶になる、全国有数の抹茶の生産地です。三河南部地方に流れる矢作川のもたらす豊かな恵みと水はけの良い土壌が、お茶の栽培に適しているそうです。

「濃い緑と上品な香り、おだやかな旨みとコク」を特徴とする西尾の抹茶は、製菓材料として相性ピッタリ。チョコレートやスポンジに使ったときに、力強い風味を感じることができます。(チーフパティシエ岩田)

地元の良いものを伝えたい

foodiesfeed

「西尾の抹茶は、生産・加工地域が厳密に決まっていて、材料として使うわれわれパティシエにとってとても安心感があります。茶臼でゆっくりとひくことで、抹茶本来の味わいがしっかりと引き出されており、製菓材料として他の素材と合わせたときにも抹茶の風味や味わいをしっかりと感じることができます。同じ愛知県で暮らすものとして、地元でこのような美味しい抹茶があるのは誇らしく思いますし、それをお客様にも感じていただけたらと思い、西尾の抹茶をフィーチャーしたこのケーキを作りました。(チーフパティシエ岩田)

和の味わいをより深める、「丹波の黒豆」

IMG_2077_fw

上には抹茶と相性の良い苺に加えて、「丹波の黒豆」をトッピング。コクが有り、ほっこりやさしい味わいの黒豆は、抹茶の風味とあいまっていっそう和の雰囲気を演出します。さらに、その隣には牛皮をあしあらい、もっちりぷるぷるのおもちの食感をお愉しみいただけます。

層が美しい、抹茶にこだわった中身

IMG_2086_fw

西尾抹茶を使用したスポンジに、同じく西尾抹茶を使用した生チョコを層にし、まろやかさを出すために生クリームもサンドしました。ひとつひとつの層が一丸となって西尾の抹茶の濃い味わいを表現しています。

nishiomatyadukushi

 

姉妹店のご案内